西宮の自宅で葬儀を行うときは

西宮の自宅で通夜や葬儀を行う場合には、祭壇を設置する式場となる部屋、僧侶の控室、弔問者の控室、通夜ぶるまいの部屋が必要になってきます。

さらに片づけた家具などをまとめて置いておく部屋や、乳幼児のための部屋、遠方から来る人用に着替えの部屋があると便利です。いずれの部屋も装飾品や家具を片づけて広く使えるようにしておいてください。部屋が足りない場合は、屋外にテントを設けたり近隣のお宅にお願いして一室を借りたり、家具を預かってもらってください。祭壇はスペースを取りますので、式場となる部屋は弔問者が出入りしやすい広い部屋を、選ぶようにしてください。

祭壇の準備をしてくれる西宮の葬儀社に希望を伝えて、どの部屋が使いやすいかを見てもらってください。葬儀式場となる部屋の準備ができたら、西宮の葬儀社に祭壇を設置してもらいます。門と玄関は開けっ放しにして自由に出入りができるようにしておきます。弔問客の出入りに邪魔になるものは、片づけておいてください。

玄関には忌中札を貼って葬式の日時や、場所を知らせます。忌中札や道順表示の看板は業者が用意してくれますが、世話役に最寄りの駅やバス停に立ってもらってもよいでしょう。受け付けは玄関先や門外にテントを張るのが一般的になっています。外の飾りつけはどの程度の規模にするのかを決めておきます。暗くて弔問者が困らないように、玄関までの通路には照明を置くなど門の周辺は明るくしておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *