西宮市で直葬という葬儀を行う理由や利点や欠点

西宮市でも増えている、お通夜や、告別式を執り行わない直葬を選択する理由として西宮市のお住まいの方が挙げているのは、亡くなった方の故郷が西宮市から離れているので先に火葬だけ済ませてしまいたいためや、斎場で日を改めて一般の弔問客をお招きして本葬を執り行うため、故人が生前に直葬で葬送することを望んでいたため、葬儀にあまりお金をかけられないため、高齢になってから故人が亡くなったため想定される弔問客が少ないためなどの理由があります。

直葬の利点として挙げられることは、日程が調整がしやすいことや、葬儀にかかる費用を抑えられること、ゆっくりと少ない人数で故人を見送ることができること、弔問客に対応する必要がないことなどがあります。直葬の欠点としては、亡くなってから24時間以上が経過しないと火葬することができないので遺体を安置しておく場所を見つけておく必要があることや、お経をあげずに葬送することもあるので墓地が寺院の境内あるときに遺骨をそのお墓に納骨できなくなってしまう可能性があること、あまり香典を受け取ることができないこと、お通夜や告別式を執り行わない直葬に対する親族の理解をなかなか得ることができないこと、故人とお別れをする時間が充分に確保できないことなどが挙げられます。

他に直葬の欠点として挙げられるのは、訃報を知らせていなかった方たちからの反感をかいやすいこと、葬儀を執り行った後に弔問客がたくさん出てくることなどがあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *