葬儀の相談において具体的な話はしない方がいい理由

生前、葬儀に関する相談をしに行くケースは増えています。

終活とも呼ばれ、元気な時から死後のことをしっかり考えようとする方が増えてきたことも要因とされています。そうなってくると、増えてくるのが葬式に関するトラブルです。前もって予約のお金を出したが、その会社がもう存在していないとか、事前に聞いていた見積もりのプランに色々と追加されていたなどのトラブルが起きています。葬儀の相談をする時に、相談相手の葬儀社にもう決めてしまうということや、見積もりを聞いてそれ通りにやろうとするといったことが原因と思われます。

なので、葬儀の相談に行く際にはこうした具体的な話は極力しないように心がけましょう。相談しに行く時に知りたいことは、葬式の流れ、葬式の費用、段取りなどです。当日の流れに関しては1つの会社だけで聞いてもいいですが、費用面に関してはいくつもの会社に行き、話を聞いた方がいいでしょう。その際に当日の流れを改めて聞くことで何をすればいいか確実にわかるようになります。避けるべきことは話を聞いて即決してしまうことです。

中にはキャンペーン中であることを謳い、今なら安く契約できるといったことを言ってくる業者もいるかもしれませんが、いつ亡くなるかもわからない段階で予約するのは控えるべきです。大事なことは当日の流れとおおまかな費用を知ることです。亡くなってからでも、段取りを立てることはできるので、情報を仕入れにいく感覚で話をしに行き、具体的なやり取りはなるべくしないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *