一般的な葬儀を行なう最低費用は165万円です

長い人生で、必ず経験しなければならないのがお葬式で、自分自身のへの備えはもちろんのこと親や配偶者、親戚などを「見送る側」でのお葬式も避けられないライフイベントになりますから、費用の相場を知っておくことが大事です。

先ず葬儀業者へ支払う、いわゆる「葬儀一式」には斎場費や祭壇費、祭壇回り費、棺、業者人件費などの葬儀そのものに掛かる費用が、最低でも50万円ほど必要になります。これに祭壇飾りなどを最上級のランクにすると100万円以上もの差が出てきます。次に お葬式にはこれ以外にもお金が必要となるのが通夜や告別式の後の精進落としなど飲食費です。

日本消費者協会の2010年の調査によると葬儀全体での飲食費の全国平均が454,716円となっています。もちろん、料理のランクやお酒の量、人数によって費用は変わってきます。さらに、通夜での寺のご住職へのお布施が3万円、告別式でのお経のお布施の相場は大体15万円で、告別式にはご住職以外に脇僧侶が数人ついてくる場合もあり、脇僧侶にはご住職の3分の1程度のお布施が必要になりますから、例えば3人来て頂いた場合はさらに15万円掛かり、戒名代が約10万円位します。

以上の他にも香典を頂いた方へのお礼の「香典返し」に一人つき5千円、香典などの会計をしてくれた人達へのお礼としての「心づけ」が1万円が必要になりますから、一般的な葬儀を執り行なうには合計で最低でも165万円の費用が必要となりますから覚えておきましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *