誰が負担するか決めておいた方がいい葬儀費用

葬儀の費用は地域によってその額は異なるものの、だいたい100万から200万程度かかると言われています。

葬儀の規模、参加人数によって香典の金額や葬儀費用も変わるため、香典だけでまかなえるのかどうかがはっきり言って不透明です。なので、まかなえることもあれば、全然足りない時もあります。そうした不足分が発生した時にだれがその不足分を払うかはとても大事なことです。例えば、親族みんなで立て替えて、後でそれを返済するのか、遺産を相続した人が費用を出すのか、判断が分かれるところでしょう。

実は遺産を相続した人が葬儀費用を出す場合には、相続税の申告をする際に控除される項目があるため、最終的に払う相続税の額が減ることがあります。なので、もし不足分を補うだけの相続がなされていた場合にはその中から払うことをおすすめします。結果として払う税金を減らすことができますし、親族の負担を軽減することができます。親族が立て替えることになったとしても、いつまでに返し、どういう計画にするかは葬儀が終わってそんなに日がたたないうちに決めてしまいましょう。

いつまでも決めておかないと金銭トラブルに発展する可能性があり、そうなってしまうのは大変厄介です。また、親族で出し合う際には書面などに書いておくことでトラブルを未然に防ぐことができます。お金の問題はこじれると大変です。そうならないためにも、記録などはしっかりとっておくようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *