最低でもこれだけはかかる葬儀費用

最近では葬儀にお金をかけず、骨だけにしてほしいと願う方が出てきています。

家族だけの葬儀でも数十万はかかり、経済的な負担となりがちだからです。とはいえ、葬儀のお金がないからとそのままにしていたり、土に埋めてしまっては罪に問われてしまいます。どうしても火葬して骨にしなければなりません。では、そうするために最低限いくらあればできるのでしょうか。亡くなってから24時間以内は火葬してはいけないことになっており、火葬までの時間はどこかに遺体を保管する必要があります。

家での保管となればドライアイスの費用がかかりますし、安置施設ならばその場所代がかかります。寝台車の費用や棺の費用も当然のことながら必要となります。火葬料は地域や民間か公営かで大きく変わりますが、公営なら1万円から3万円、民間なら5万円から10万円前後といわれています。その他雑費も含めてだいたい20万円ほどかかります。葬儀費用をなるべくかけないようにしても、それだけのお金が必要となりますが、健康保険に加入している人は自治体から一時金が出るので、自己負担額はこれよりも減ります。

また、生活保護を受けている場合にはかなりの額を援助してもらえます。鎌ヶ谷の葬儀会社の中には数万円でできると書いてある業者がありますが、火葬料を含んでいないなど地域の事情を考慮していない数字をただ並べているところがあります。業者が提示する料金を鵜呑みにせず、自分自身でも調べるようにして、惑わされないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *