葬儀の費用~戒名について~

お葬式にかかる費用には、式までの遺体管理と式自体にかかる費用、寺院費、飲食代の3つに分類されます。

そのうち遺体管理と式にかかる費用とは、斎場と葬儀社に支払う費用です。飲食代はお通夜で行われる通夜ぶるまいの食事と葬儀・告別式の日に行われる会食、火葬の待合で行われる飲食代です。そして仏教式で行う場合、忘れてはいけないのが寺院に支払う寺院費です。寺院費の内訳はお葬式の二日間に行われる読経へのお礼、そして戒名を授けてもらうお礼のお布施です。

読経はお通夜、葬儀・告別式、火葬・初七日まで一連でお願いして、宗派による違いや地域差があるものの相場は20~25万円です。一方、戒名というのは仏の弟子となった証として授けられる名前です。日蓮宗では法号、浄土真宗では法名と言います。仏教では死によって仏の悟りの世界へ入ることを意味するため、あの世へ旅立つ葬儀の前に戒名を授けてもらう習慣があります。

戒名はその内容により料金が大きく異なります。位号が「信士・信女」だと宗派によりますが15~50万円、「居士・大姉」だと35~100万円、さらに頭に「〇〇院」という院号が付くとプラス30~50万円、文字数を増やすなどさらにランクの高い戒名になると500万円を超えることもあります。一般的には40~50万円の戒名を授かることが多く、寺院費としての相場は50~70万円と言われていますが、寺院費は菩提寺の有無によっても大きく変わります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *